”お花のある暮らし”の始め方と楽しみ方 花の定期便

日頃お花をご自宅で飾っている方はおそらく花屋さんに行っていろんなお花を見て気に入ったお花を選ぶという楽しさも求めていると思います。こちらのページでは今まで日常的に自宅にお花を飾ってない方に”お花のある暮らし”の始め方と楽しみ方を提案しています。

最初は1輪のお花でも良いと思います。私も花好きになりたての頃は毎週ガーベラを1輪買ってきて一輪挿しに飾ってました!1輪でも飾っていくうちに花瓶にも興味を持ちネットで一輪挿しを探していた頃が懐かしいです。

花を購入するということをもう少し詳しく説明します。

どこかのアンケートで自宅に花を飾ってない理由として下記がありました。

・近くに花屋がない ・スーパーに花を置いているけどいつも同じような花ばかり ・花のことが詳しくないので花屋に入りにくい ・1輪だけだと買いにくい ・花を買うことが定常化してないのでついつい忘れる

納得のいく声です。上から順番に見て行くと、花屋も商売なので人が多く集まるところにしか店舗を出さないと思います。スーパーは結構あちらこちらにありますが花の販売に力を入れているお店はそう多くないのが現状です。よって仏花の需要を見込んでいつも同じような花を置いてます。最近は規模の大きいスーパーだったら多くの品種の花を置いているのを見かけます。(しかも安く)私は店舗を持たない花屋で、たまにマルシェ(駅前広場など)に出店してお客様と話をするのですが、このような声をよく耳にします。

一方花屋って敷居が高いという声も良く聞きます。花屋に入って店員さんにどのような花がお好みですか?なんて聞かれると答えに迷ってしまいますよね。そもそも花の名前もよく知らないし、ましてや1輪だけ買おうと思っているので尚更恐縮ですよね。花屋さんは1輪でも花を購入頂けると嬉しいのですが、、、。

また、別のアンケートで、「生活のどのようなシーンに花や植物があるといいですか?」という質問に対して、第1位はダントツで自宅でした。その理由は、

・朝食の食卓にあれば1日が素晴らしく感じるかも ・家に花があると家族に愛が生まれる ・一人暮らしの部屋に帰ってきたとき花が迎えてくれると嬉しい

でした。ヨーロッパでは自宅に花を飾るというのが当たり前になってると聞きますが、日本も自宅にあるといいなと思っている人が沢山いるけど現実はそうなってない、その理由が前段の声ですね。

そこで一つの解決策が最近出てきてブームになっている花の定期便サービスです。メディアやSNSでも良く見る機会が多くなりましたがBloomee Lifeさんの花の定期便サービスが有名です。Bloomee Lifeさんから届いた花をインスタグラムに掲載するのが流行ってますよね。新しいライフスタイルだと思います。

定期的にお花が自宅に届くというサービスで、花は花屋で買うという概念を変えてくれたサービスです。このサービスを利用することで冒頭にあった自宅に花を飾ってない理由を解決できます。この花の定期便サービスは今では多くの花屋さんが取り入れて、また需要を見込んで花業界以外の企業が参入してきているので、皆さんも選択肢が増えるという観点で花を買いやすくなるのではないかと思います。

花*空間でも花の定期便サービスを展開しています。

これまで自宅に花を飾る習慣がない方に”お花のある暮らし”を楽しんで頂けるようお求めやすい価格の「プチ定期便」と花が大好きで季節感のある花をより沢山飾りたいという方向けの「グラン定期便」です。

プチ定期便はより安くするために郵便受けに投函できる「クリックポスト」という配送を利用しています。長さ40cm、厚み3cm以内という制限があるので大輪の花や長い花は入らないのですが、その分お求めやす価格設定にしています。

グラン定期便は、送料が高いのですが「ゆうパック」での配送でより多くの花をお届けできます。

*グラン定期便は現在準備中です。

〜プチ定期便の楽しみ方〜

1回に4本(5本の時もあります)のお花をお届けします。届いたら片方の手で束ねて握り、それぞれの花の長さを変え(高さを変え)自分でお気に入りの見た目を決める。そして花瓶の大きさに合わせて下の方の茎を揃えて切る。そのまま花瓶に挿す。センスなんて関係ありません、自宅で自分が楽しむ花なので自分が気に入ったらそれが一番のデザインだと思います!

プチ定期便は隔週発送と毎週発送と2種類用意してますが、お勧めは毎週発送するタイプです。花の種類によっては1週間以上花持ちしますので、毎週新しい花が届いたら、まだ元気な花も追加して少しボリュームを持たせられます。

そして重要なのが、花は生きているので当然萎れていきます。萎れたら抜く、もしくはまだ蕾が残っているようだったら萎れた花の部分だけ切るということです。萎れた花を早めに切り取ることで蕾に栄養が行き開花する可能性が高いです。

もう一つ重要なのが、特に暑いこの時期は水換えと茎の切り戻しです。花瓶の水は時間とともに菌が発生します。その菌が花の水揚げを妨げていくので水が濁る前に水換えすることです。水換えの時に茎を少し切るのも効果的です。(少し黒っぽくなった箇所を切る)水換えの手間を少しでも少なくしたい時は市販の切り花栄養剤を使うことです。切り花栄養剤には抗菌剤が含まれていますので、菌の増殖を少しですが抑制してくれますし、栄養剤が花を綺麗に長く咲かせてくれます。

花*空間の定期便には切り花栄養剤を同梱しているのでできるだけ利用することをお勧めします!

毎日水換えするよ!という方は切り花栄養剤は入れなくても大丈夫かと思います。

ここまで読んで頂き有難うございます!ぜひ、自宅にお花を飾り「お花のある暮らし」を始めて素敵なライフスタイルを楽しんでいただけたらと思います。

下記リンクもぜひお読み下さい。

医学的に実証された「お花がもたらす心理的効果」

花*空間 プチ定期便

 

Comments are closed.