ドライフラワーになる花材 見た目があまり変わらないエリンジウム

青色が特徴的なエリンジウム。生花のアレンジメントやブーケでも良く使われますが、ドライフラワーにもなります。形も特徴的なので、ぜひ見つけたら購入お勧めします!

ドライフラワーになる花材 見た目があまり変わらないエバーラスティング

南アフリカやオーストラリアなど主に南半球原産のネイティブフラワー、ワイルドフラワーはドライフラワーになっても見た目が変わらないお花が沢山あります。今回紹介するエバーラスティングもそのひとつです。もともと光沢のある白いお花ですが、ドライになってもそのまんまです!

ドライフラワーになる花材 見た目があまり変わらないカンガルーポー

カンガルーポーの代名詞のような黄色、セピア調の色合いのもの、ピンク、オレンジなど見かけます。どの色もドライフラワーとして使えますが、濃いめの色のカンガルーポーはドライにして時間が経過するにつれ色褪せる印象があります。セピア調や濃い赤系は茶色っぽくなる。

ドライフラワーになる花材 見た目があまり変わらないリモニウム 雲竜

スターチス(リモニウム)はドライフラワー花材としてよく使われますが、今回はリモニウムの雲竜という品種のご紹介です。ふわっとボリュームのある花材なので生花のアレンジでも使い勝手が良いですが、ドライでも使い勝手良いと思います。そのリモニウム 雲竜は蕾の状態で市場に出回ることが多いです。